この評判は正しいの?悪評だったり悪い口コミが生まれてしまう理由

この評判は正しいの?悪評だったり悪い口コミが生まれてしまう理由

どんないい商品であれアンチと呼ばれる方がいて、気に入らない商品に対して文句を言っています。

それはどういう心理状況なのでしょうか?

その商品に嫌な思い出がある、僻んでいるとかそんな理由と案外単純だったりします。

そういう方は無駄に行動力が高いので、あたかもその商品が本当に悪いかのように様々なところで活動しています。

よくアンチが多いなあと思われているものでも実際活動しているのは数人だけだったという報告もあるくらいです。

ただし気をつけなくてはならないのは本当に悪いものに対して真っ当な評価をしているものです。

それとどう区別をするのかそこを探っていきたいと思います。

GTA公式HPへ

悪い評判や口コミを書く人の心理

これは極めてシンプルなものであってその商品だったりサービスで満足が出来なかったということです。

自分が買ったものに対して評価をしているのですから、その行為自体は問題ないでしょう。ここで問題となってくるのはこれって利用の仕方が悪くない?とかそもそも使ってもいなくて嫌いだからで書いていないという問題です。

ではそれをどう見分けるか方法を見つけてきました。

口コミの書き方が陳腐すぎる。

真っ当に書いている人はしっかりとどこが悪いのかいいのかとしっかりと書きます。ただ、理不尽に悪い口コミを書く方は文章もそんなに書かずに「使いにくかった」とか「期待したものと違った」とかこんな短く書きます。

どういう商品なのか理解してないというのが丸わかりになってしまいますね。

こういう口コミは参考にするべきではありません。

私怨が混ざっているようにしか見えない。

この場合は文章の量は多いのですが、何か商品のことではなくて別のことに対して文句を言っていることが多いです。

商品レビューなのによく読んでいると全然違う理由で悪い評価をしている人も見受けられます。

こういう人々は行動力があるので、色んなところで悪い評判を記載していく傾向がありますね。

判断としては何か文章にねっちこい部分を感じたら怪しいと考えたほうがいいかもしれません。

まとめ

商品やサービスが広がっていく以上、悪評はどうしても出てきてしまうのは当たり前のことです。

それだけ多くの人に触れられるということになりますからね。

有名なところで言えばアップルの商品が出ただけで利用もしていないのに叩く人いますからね。

問題はそれが正しいのか正しくないのかを見極めることに限ります。

GTA公式HPへ TOPページを見る